ショートカットの浴衣美女とセックス

久しぶりに俺は田舎の実家に帰ってきた。高校を卒業して、仕事をするため東京にきたが、上京してから4年間、全く実家の方には帰らなかった。仕事で夏の休暇が、一週間とれたので昔の友達とも遊ぶことにした。いつもつるんで遊んでいた二人の友達がいて、彼らとも会うことにしたのだ。その友達の一人が親が出かけてるということで、友達の家で会うことにした。でいってみると、その友達二人の他に浴衣をきたショートカットの美女がいた高校の同級生の女性である。その子はショートが最高に似合っている美女で、実は俺と少し付き合っていち時期もあったのだ。しかし、セックスをすることはなく別れてしまった。昔からショートカットが似合っていたが、今も最高にかわいい。クラスの人気者であった。俺はびっくりし「あれ?どうしたの?」というと、友達が「俺たち今つかあってんだよ」といった。俺はショックを受けた。まさかあいつと元カノが付き合っていたとは!俺は「へえ」とかなんとか平静を保とうとして、無理やり明るくふるまった。それでみんなで花火をして終わったこと、友達に突然、携帯がなった。どうも仕事が入ったらしい。同じ職場二人の友達は、急いで仕事場に向かった。俺と浴衣をきたショートカットの美女である元カノだけがのこった。「そうなんだ。ショックだよ」と俺はいった。「あいつとセックスはしているのか?」、浴衣をきた元カノは頷いた。「俺とはセックスしてないじゃないか?」、すると「あの頃はまだ」とかいっていたが、俺は我慢ならなくなった。「今、セックスしよう」、元カノ「えっまずいよ、帰ってくるよ」といったが、俺は抱きつき強引にキスをした。そして舌をからませベロベロ激しいキス。それから、浴衣の上から小ぶりのおっぱいをもみ、浴衣をぬがした。それにして、相変わらずショートカットの美女でたまらない。まさに俺のドストライクの美女だ。俺はクンニをした。すると「いや」とかいっているのに、あそこはびちょびちょに。しかし、あそこは少し黒ずんでいた。あいつにやられて、バコバコされてるからだ。俺は嫉妬に燃えてきた。さらに激しく舐めまくり、元カノはクンニだけでいってしまった。それこら手万だ。俺の手万は東京で鍛えられているのだ。元カノは大量の潮吹きをした。それから、ちんこ舐めてくれというと元カノはがっぷりとかぶり付き、じゅぽじゅぽとイヤらしい音をたてながら、フェラを始めた。ショートカットと頭が上下に動くのをみて、あいつはいつもやられているんだな、と思うと口の中に大量の精子を出したくなったが我慢した。それからちんぼをまんこに挿入。勿論、生ハメで一週間ためた俺の精子を中出しした。

浴衣の羽田真里と3Pのセックス>>

コメントを残す