大人しそうなナースがごっくん

俺は入院していた。金はかかるが個室である。

個室はナースと二人きりになれるのがよかった。

しかも若いナースが多く、この若いナースと話すことが毎日の楽しみだった。その中で、美香という20ぐらいのナースがいた。大人しそうな子で恥じらいのあるかわいいナースだ。

まだなれてないところがありどじっ子だった。

ある日、夕食を取りにきた時だ。食器をしまおうとしたら、残っていた水を俺のちょうど股間のところにこぼした。

「すみません」と美香は恐縮し、俺の股間を拭き始めた。

「気にしないでよ、だけどちょっと着替えたいので手伝ってくれないか?」

美香は俺のパジャマを脱がしはじめた。

俺は思わず勃起をした。

ブリーフ一枚になり、もっこりしている股間に一瞬たじろぐ美香。

その様子に興奮した俺は、「ブリーフも濡れてしまってるようなんで脱がして吹いてほしい」とお願いした。

ゆっくりとブリーフをおろす美香。

すると立派になったいちもつが出現する。

さっきのこぼした水ではなく我慢汁で俺のあそこは濡れている。

「濡れてるだろう。口できれいにしてくれないか?」とまどったような態度をとっている美香。

「はやくきれいにしてほしいんだ。

これもナースの仕事だよ」俺は急がせた。

すると「すみません」といって俺のいちもつをくわえた。

「大丈夫でしょうか?」

「まだきれいになってないみたい」

そして美香の頭を両手でつかんで動かした。

イラマチオのような感じになり、すこし苦しそうにした。

俺はいそいで自分のあそこをシコシコし、美香の口の中に精子を放出した。

「飲み込むんだ。これもナースの仕事だよ」美香は出された精子をごっくんした。

「きれいになったよ。これで大丈夫だ」美香はへやをでていった。

カリビアンコムでナースを楽しむ>>

 

 

落ちこぼれの生徒が女教師にフェラされて中出しまでしちゃう

かなり昔のこと。学生の頃、俺は落ちこぼれだった。

特に数学ができず。試験はいつも0点近い点数ばかりだった。

その数学の先生は女教師で最高に色っぽかった。

授業の時は、その女教師の胸ばかりみていた。勉強なんか全く集中できなかった。

その女教師は、おれを見るとよくフフっと笑みを浮かべることがあった。

俺はその表情を頭に焼き付けて、家に帰るとすぐオナニーしていた。

期末試験の前だったろうか。その女教師に補習をするから、放課後残りなさいといわれた。

放課後、教室にいると女教師が入ってきた。

「田中君このままだと留年しちゃうわよ」俺はうなずいた。

「いつも授業中どこみてるの?」

「黒板です」

「おっぱい見てるでしょ?」俺はたじろいだ。

「集中できないの?」

「集中できません。どうしても先生のおっぱいが気になってしまうんです」

突然、先生は服を脱ぎ始めた。

「触ってみる?」俺はうなずいて、「いいんですか?」

「集中できないんじゃしょうがないでしょ?思う存分触りなさい」

俺は女教師のおっぱいを触った。

「ブラジャーもとって」俺はブラジャーをとった。

そして、おっぱいをもみもみした。

「田中君は童貞なの?」俺はうなずいた。

「入れてみない?」俺は最高にドキドキ緊張し、うんうんとうなずいた。

「机の上で仰向けになって」そして、机を並べて仰向けになって寝た。

女教師は、俺のズボンをおろした。

そして、フェラを始めた。感動的だった。

こんなにフェラが気持ちいいとは。

夢にまでみたフェラだ。

女教師は、そんなにフェラには時間をかけず、自分も机の上に乗ってきた。

すると俺の顔面に自分の股間をもってきた。「舐めて」産まれて初めてあそこをみた。

女教師のあそこは、微妙に黒かったが、どす黒いといわけでもなく、ちょうどいいいやらしさだった。

俺はどう舐めていいかわからなかったが、ペロペロなめた。

少したってから、「クリちゃんも舐めて」といってきた。

どこだか場所がわからなかったが、女教師に教えてもらいクリトリスを重点的に舐めた。

女教師はここを舐められるのが、気持ちいいらしい。

「アッアッ」と声をだし始めたのだ。

俺はまたまた感動した。俺が女教師を感じさせているのだ。

そして、ついに騎乗位の体制で俺のぎんぎんに硬直しているいちもつを自分のあそこに入れてきのだ。

この感動はすさまじかった。フェラとか比べものにならない感触。

そして女教師は自ら腰をフリフリと動かし始めた。

そしてあの憧れ続けた女教師が獣のようになって乱れはじめたのだ。

俺はそのまま女教師に中出しした。

すっきりしてから、女教師は俺に数学を教え始めた。いままでわからなかったことがするする理解できた。いままでわからなかったことが嘘みたいだ。その直後にあった

期末テストは82点をとれた。いままでの俺からは考えられない成績で、留年などの心配は吹っ飛んでしまったのだった。

カリビアンコム女教師>>

新入社員のOL の仕事はフェラ?

ここはブラック企業のB社。新入社員のOL は大変だ。

なぜならセクハラが当然だからである。

新入社員のOL の真紀は社長室に呼ばれた。

「きみは真面目に仕事をしてるのか?」といわれる真紀。

「はい頑張ってます」。

「きみは評判悪いよ」

「そうですか。。。」とショックを受ける。

「きみはまだ学生気分でいるんじゃないか?OL としては失格だよ」

泣きそうになる真紀。

「きみは山田君にフェラしてくれと言われた時断ったそうじゃないか?」

「はあ」と困惑する真紀。

「OL はねえ言われたことはきちっとできないといけないんだよ。新入社員たから甘えてるんじゃないよ。ちょっとベテランOL の吉田さんを読んできてくれ」。

20代後半の吉田さんを読んで、再び社員室に入る。

「なんですか社長」

「おおちょっとそこでオナニーしてくれんか?」

「わかりました」といってオナニーをし始める吉田さん。

「うーんその黒ずんだまんが相変わらずいいねえ。ところで真紀君が男性社員がフェラしてくれといってもしないらしいんだよ。OL とはなんのか教えてあげなさい」。

「OL というのはね。男性社員がムラムラしたら射精を手伝わないといけないの。」

「わかりました。」

「じゃあちょっとを私を満足させくれんかね。真紀君も立派なOL になるんだ」

「わかりました社員立派なOL になります」二人で社長の服を脱がし、ふにゃちんの社長のちんぽにかぶりつく真紀。

「きみがまだまだだから、立たないじゃないか!ケツの穴を舐めなさい」社長のケツを舐める真紀。ようやく社長は勃起する。

「さあ頑張って立派なOL になるのよ」と吉田さん。優しく先輩である。

じゃぽじゅぽといやらしい音をたてながらフェラする真紀。

「なかなかじゃないか。じゃあソファの上で仰向けになりなさい」そうすると社長は真紀のまんこにちんぽを生で挿入した。

「なかなか締まりのいいまんこだ。これは吉田さんより評価が高い。」

そして、正常位でずぼずぼやってると、「中に出すぞ」といって中出しした。

ぐったりしてると、ノックがした。部長である。

「社長。私もムラムラして仕事が手がつきません」

「それはまずい。はやく吉田さん、真紀君、部長に射精させてあげなさい」真紀は立派なOL になったのだ。

カリビアンコムOL>>

変態エロナースが患者にフェラで射精させちゃう

俺は入院している。

体は動かないし退屈で仕方がないが、一つ楽しいことがある

。ナースとの日々のふれあいである。特に若いナースだと最高である。

俺は6人部屋にいた。カーテンで仕切られてるだけで、音は小声でも部屋中聞こえてしまう。

ある日、隣から奇妙な音が聞こえた。なにか小刻みに動く音が聞こえて、ナースがいるようだが、「いい」とか「もうちょっと強く」とか男がいってるのである。

最初はエッチなことは考えなかっが、もしやと思い動かない体を引きずりながら、チラッとカーテンをずらしてみた。ナースがフェラをしているのだ。

その覗いているところを男が気づいてしまい、ヤバイみたいな感じでフェラをやめさせたのだ。

勿論、ナースを気づいてしまった。

翌日、隣のオヤジがトイレにいこうとしたとき、俺もついていって話かけた。

すると向こうも気づき、「見られちゃいましたか」といって笑いました。「よくやってもらってるんですか?」俺が訪ねると、そうだ、という。

変態エロナースだからねぇ、などといった。きみもやってもらいなさいよ、といわれた。

俺も挑戦しようと思い、昨日のナースが当番のとき。試そうと思った。

変態エロナースが俺の仕切りの中にきたときだった。「俺にもこないだのお願いします」というと、「ここですか?」と俺の股間を触り、突然、フェラをし始めた。

あまり激しくやると音が大きくなってしまうので、ゆっくりと根元までくわえるフェラだった。

俺は何日も射精してなかったので、すぐに射精してしまった。変態エロナースがいる病院に入院ができてよかったと思う。

カリビアンコムでナース

女子大生と汗だくセックス

セックスするとき汗だくになりながら、セックスするのは最高に燃えます。

だから俺はセフレの女子大生といつも汗だくセックスします。

特に夏はこれをするのが最高。クーラーを消して、閉めきった部屋でやっちゃいます。

激しいキスをして、お互いの唾液で体をびちょびちょにさせながら、激しく獣のように抱き合います。

お互いのあそこを舐めあうときも、狂ったようでに唾液とまぜながら、びちゃびちゃと音をたてながら舐めあいます。

そんなことをしていると、汗が大量に吹き出してきて、唾液と汗と愛液混ざりあい、最高に興奮してくるのです。

俺はセフレの女子大生といつも汗だくになり、唾液まみれなり、愛液だらけぬりながらセックスしています。

本当に汗だくセックスはやめられません。

皆さんも汗だくセックスをやりまくってください。

酒井あさひの汗だくセックス

西川ゆいの汗だくセックス

ソープ譲とエロエロな体験

生まれて初めてソープランドにいってきた。

職場の同僚からだいたいどんなエロエロなプレイをするのか聞いていた。

同僚からソープ嬢の話を聞いてると、いつも興奮してしまい職場のトイレでオナニーをしていた。

一人暮らしをして自分の貯金が、ついに100万の大台にのったのでそのご褒美としてソープにいくことにした。

安いとこはやめとけよ!という同僚の助言もありそこそこいいお値段がするところを選んだ。

でてきたソープ嬢はかなり若い。23ぐらい。美人というよりかアイドル風のかわいさ。

ムチムチしたボディでおっぱいがきれいだった。かなりエロエロな体でもある。落ち着いた雰囲気で、優しく礼儀正しく、丁寧な対応だった。

俺は初めてだったので、とっても緊張していたが、ソープ嬢を本当に優しく接してくれた。

硬直してる俺の体に優しく触ってくれキスをしてくれた。

それからお風呂の用意をソープ嬢はして、スケベ椅子に座らされた。

本当にエロエロな気分石鹸で体を洗ってくれたが、最高に気持ちよい。

俺の股間のところにソープ嬢の指が触れたとき、思わず「あっ」といってのけぞってしまった。

それから、俺のあそこをきれいに洗ってからついにソープ嬢の口が俺のいちもつを含んだ。

そしてまずはゆっくり頭を上下に動かしだ。俺はもうそれだけでいきそうになってしまった。

それからマットプレイだ。ローションをたくさん体にねりたくりソープ嬢が俺の体と交わりすごい気持ちいい。

体を動かしながらも俺の股間を握って、手コキしてくれる。まさに職人技である。本当にエロエロである。

それから俺は仰向けに寝かされると、騎乗位でソープ嬢が俺のあそこを自分のあそこに滑りこませた。

そしてソープ嬢はみずから腰をフリフリさせた。気持ちよすぎる。しかもローションのヌルヌル感もプラスされ、もう天国にいるような気分だ。

俺はもう我慢ならず、そのままいってしまった。もう給料がでたら毎月いってしまいそうだ。

双葉みお・歩の二輪車ソープランド

篠田あゆみの巨乳のソープ嬢

西川ゆいの極上泡姫物語の画像、カリビアンコム

 

 

ショートカットの浴衣美女とセックス

久しぶりに俺は田舎の実家に帰ってきた。高校を卒業して、仕事をするため東京にきたが、上京してから4年間、全く実家の方には帰らなかった。仕事で夏の休暇が、一週間とれたので昔の友達とも遊ぶことにした。いつもつるんで遊んでいた二人の友達がいて、彼らとも会うことにしたのだ。その友達の一人が親が出かけてるということで、友達の家で会うことにした。でいってみると、その友達二人の他に浴衣をきたショートカットの美女がいた高校の同級生の女性である。その子はショートが最高に似合っている美女で、実は俺と少し付き合っていち時期もあったのだ。しかし、セックスをすることはなく別れてしまった。昔からショートカットが似合っていたが、今も最高にかわいい。クラスの人気者であった。俺はびっくりし「あれ?どうしたの?」というと、友達が「俺たち今つかあってんだよ」といった。俺はショックを受けた。まさかあいつと元カノが付き合っていたとは!俺は「へえ」とかなんとか平静を保とうとして、無理やり明るくふるまった。それでみんなで花火をして終わったこと、友達に突然、携帯がなった。どうも仕事が入ったらしい。同じ職場二人の友達は、急いで仕事場に向かった。俺と浴衣をきたショートカットの美女である元カノだけがのこった。「そうなんだ。ショックだよ」と俺はいった。「あいつとセックスはしているのか?」、浴衣をきた元カノは頷いた。「俺とはセックスしてないじゃないか?」、すると「あの頃はまだ」とかいっていたが、俺は我慢ならなくなった。「今、セックスしよう」、元カノ「えっまずいよ、帰ってくるよ」といったが、俺は抱きつき強引にキスをした。そして舌をからませベロベロ激しいキス。それから、浴衣の上から小ぶりのおっぱいをもみ、浴衣をぬがした。それにして、相変わらずショートカットの美女でたまらない。まさに俺のドストライクの美女だ。俺はクンニをした。すると「いや」とかいっているのに、あそこはびちょびちょに。しかし、あそこは少し黒ずんでいた。あいつにやられて、バコバコされてるからだ。俺は嫉妬に燃えてきた。さらに激しく舐めまくり、元カノはクンニだけでいってしまった。それこら手万だ。俺の手万は東京で鍛えられているのだ。元カノは大量の潮吹きをした。それから、ちんこ舐めてくれというと元カノはがっぷりとかぶり付き、じゅぽじゅぽとイヤらしい音をたてながら、フェラを始めた。ショートカットと頭が上下に動くのをみて、あいつはいつもやられているんだな、と思うと口の中に大量の精子を出したくなったが我慢した。それからちんぼをまんこに挿入。勿論、生ハメで一週間ためた俺の精子を中出しした。

浴衣の羽田真里と3Pのセックス>>

水着の巨乳の女子大生とセックス

俺はスイミングのコーチをしている。その中で気になっている女性がいる。女子大生なのだが、とってもかわいくて巨乳なのだ。俺はいつもこやの水着姿の巨乳女子大生を目に焼き付けて、セックスしてるところを想像して、オナニーしていた。今日はその女子大生と個人レッスンをしている。ついに念願の二人きりになれた。俺はその子をささえながら、プールで泳がしていた。まだ一人では泳げないというのだ。それにしても、この巨乳や、体つきがたまらない。俺はこの女子大生をずっと凝視しながら、水泳をおしえていた。ぱしゃぱしゃ足を動かしてる姿も、なんともいえずかわいいし、お尻をかぶり付きたくなるほどたまらない。俺はもうついに我慢できなくなった。水着の上から女子大生の巨乳の胸をわしずかみにし、もみもみし始めた。「あっ嫌っ」と女は一応、何をするのみたいな態度をとったが、本当は俺に巨乳の胸を揉まれたがっていたのだ。「ああごめんなさい」といってもう一回、女子大生は泳ぎ始めた。しかし、俺はもうムラムラが止まらなかった。今度はお尻をがっちり掴んだ。「ダメ」とまたいったが、本当を水着を脱いで、俺のいちもつをぶちこまれたいに違いない。「俺とセックスしたいんじゃないですか?」といってまた巨乳のおっぱいを今度ももっと激しくもみもみし始めました。女子大生は拒否はしなかった。そして舌をからめで、ぴちゃくちゃと激しい音をたてながらキスをした。ここでまんこにちんぽをぶちこもうかと思ったが「更衣室でセックスしましょう」といってプールをでたのであった。

藤井ななが水着でエッチ>>

お尻の魅力的な部下のOLと会社で顔面騎乗

せっかくのお盆休みだというのに俺は今会社にいる。なんで俺ばかりこんな働かなければならないのか。田中課長はちっと舌打ちをうった。中間管理職の悲しいところであった。辞表を叩きつけてやりたいが、家族もいるしそうはいかない。そんなときであった。田中は部下の一人のOLを思い出した。もの凄いお尻がブリブリしていてたまらないOL であった。そのOLの名を真希といった。真希は仕事は全くできない部下だったが、従順な子で、かわいい奴だった。そして、あの子のお尻を見ていると、最高に興奮していまうのだ。その部下のお尻を思いだしていると、仕事にてがつかなくなっだ。あんなお尻で顔面騎乗ができたらなあ。そうだ!真希を読んでみよう。来てくれるだろう?田中課長は電話をした。どうしても明日までやらなければならない仕事がある、お願いだ、助けてくれないか、とお願いすると、なんと真希は来てくれるようだ。この部下は何か頼むと断れない性格だった。そしてまた真希のプリプリしたお尻を想像する田中課長。そうしているうちに真希が到着した。休みだというのにOL の格好をしている。さっそく仕事を頼む田中。一時間ほどすると、仕事が全部片付いた。ふと、また部下のお尻を想像してしまう田中。お尻が見たくなり、「ちょっと~の資料をとってくれないか?」すると真希はプリプリした美味しそうなお尻をフリフリさせながら資料をとりにいく。これはたまらない。本当にかぶりつきたくなるようなお尻だ。特にOLのお尻は田中は愛していた。それは毎日のように部下のお尻を眺めているから。田中は立ち上がって真希の後ろにたった。「資料は見つかったかい?」といいながら下半身を真希のお尻に押し付けた。えっ?というような顔をしてピクッと反応する真希。攻撃的な反応は一切なかった。いつものように何でも受け入れてくれそうな反応なのである。その反応をみて、田中はさらに部下のお尻を手ですりすりした。「課長ダメです」拒否はしているものの、これはいけると思った田中はさらにお尻を激しくもみもみし始めた。真希は「ダメ、ダメ」とは一応いっている。しかし、顔つきはいじめてくださいという感じの顔つきである。こんな顔つきをされたら、男として攻めまくらなけばいけない。スカートをずおろし、パンティをずりおろした。すると、部下の桃のようなお尻が見えた。田中はお尻をペロペロペロペロ舐め回した。ケツの穴までしっかりと。「俺の顔の上に座ってくれないか?」顔面騎乗の格好になった。窒息しそうになりながら、田中は幸せだった。

OLの折原ほのかのお尻に埋もれたい>>

巨乳の女社長にパイズリ2

巨乳の女社長にパイズリ1の続き

会社につくと、女社長が一人だけいたが、俺はデスクにすわりpcをたちあげた。会社で女社長と二人きりになるのは始めてのことだった。俺は緊張した。胸がドキドキしているのがわかった。しかも今日の女社長はかなりエッチな格好で、巨乳の胸の谷間がすごいみれた。俺はいつも通り、あの巨乳のおっぱいにパイズリしている妄想をしてしまった。すると、女社長が突然、「フフッ」と口元がゆるんだ。俺はさっと目をそらした。きっと女社長の巨乳の胸をガン見していたに違いない。「田中君ちょっとおいで」女社長は俺を読んだ。俺は田中という名字だ。その声からして、いまから説教をするような感じどはなく、誘っているような声だった。「なんでしょう社長」と近づく俺。「田中君頑張ってるわね」ものすごく魅力的な色っぽい声だ。俺はこの声と巨乳のおっぱいでパイズリを想像できるから、ずっと仕事を頑張ってきたのだ。「何かご褒美あげなきゃね」といわれた。その声は本当に体に電流が走るような声だ。いつも以上にスケベで色っぽい。「何がいい?」普段なら会話もぽんぽんできるのだが、今日は体が硬直してしまい。うまく話せない。俺はその時、また女社長の巨乳の胸をチラッと見てしまった。そして、「フフッ何見てるの?」と色っぽい声でいってくる。俺はもうはすでに勃起をしていた。とても我慢はできなかった。「あっいっいっい」と俺は声を出すだけで精一杯だ。すると、女社長は「暑い」といって上の服を脱ぎだした。すると肩のところまで肌が露出し、俺の方に顔を近づけてきた。そして、ふぅ~と息を俺に吹き付けてきた。「何が欲しいの?」と言われた途端、何ががプチっとスイッチが入って、「社長の胸が欲しいです」と俺。「ええっ何それ~」ともうありえないぐらい色っぽい声を出す女社長。そして、目を巨乳のおっぱいに向けるとそこにも本物のおっぱいが!「これからも仕事頑張るのよ」、そして、うなずく俺。「触ってみて」俺はついに女社長の巨乳のおっぱいを触った。まるでマシュマロのようにやわらかいおっぱい。「いつも私の胸ばかり見てたでしょ?」バレていたのだ。「私の胸見て何想像してたの?」まいあがっていた俺は、「パイズリです」思わずウケてしまう女社長。「いいわよ」と言って、俺の下半身を触り始めた。そして、俺のいちもつを取りだし、それを握り、胸に擦りつけた。もうどう言葉にしてよいかわからない気持ちよさだ。それからいよいよパイズリ。俺が夢にまでみたパイズリだ。本当に仕事を頑張ってきてよかった。その後、本番もやらせてもらえた。俺はこのご褒美のために毎月頑張った。そして、売り上げはずっと一位で、毎月、女社長はご褒美をくれた

  • 巨乳おの女社長の無修正動画

巨乳の篠田あゆみに中出し